先輩社員紹介

用途に捉われず、様々な建築に携わることができるというのも良さだと思います。

加藤 福子

FUKUKO KATO
建築設計群 2017年入社
加藤 福子 | 建築設計群

日本設計に入社した理由は何ですか?

私はとにかく日本設計で働く“ひと”に魅力を感じて入社を決めました。 就職活動を通じてOBや先輩社員に会う機会を得たときに、組織設計事務所という枠組みでありながら、一人一人が建築家として自由に生き生きと建築について熱く語る姿がとても魅力的でした。それは入社してからも何度も思うことであり、年齢層が様々な社員の中でもお互いを尊重し合って仕事ができるというのは、とても良い環境だと思います。

入社1年目はどんな仕事をしましたか?

1年目は、実施設計研修とプロポーザルに取り組みました。プロポーザルでは都市スケールの基本構想から、ショールームの提案など幅広いスケールのプロジェクトに携わることができ、いろいろな視点で建築を考えることができました。このように用途に捉われず、様々な建築に携わることができるというのも日本設計の良さだと思いました。

学生と違うところはどんなところですか?

何事も「対、人」で物事が進んで行くところだと思います。学生の頃の課題とは違い、クライアントがいて、周辺の環境や時間、コストなど、与条件や制約が多くあります。しかし、そんな中で、より良いものを作るために、チームの中で議論を交わしたり、クライアントと一緒に解決策を考えたり日々奮闘しながら周りに関わるたくさんの人たちと一つのものを作っていくのは、学生のころには味わえなかった建築の楽しさだと思います。

職場の雰囲気を教えてください

とても自由で穏やかな雰囲気だと思います。1年目は特にわからないことも多かったのですが、いつでも先輩達に聞ける環境が社内全体にあると思います。まだ入社して間もない頃、尊敬する上司が一年目の私たちに一から説明していたことによって会議の時間が押してしまったときに、「この会議の数分は、何年か後の会社にとって大きな財産になる」と話していたのがとても印象的でした。

所属部門以外の社員とのコミュニケーションは?

社内には様々な分野の技術者がいるので、各分野の専門家たちと何度も打ち合わせを重ねながらプロジェクトを進めていきます。同じ建築でも部門が違うとわからないこともあり、毎日学ぶことが多いです。
様々な部門の人と関わる中で、一つの建築ができるまでにどれほど多くの人が関わっているのか実感することができ、チームで一つのものを作っていく楽しさを日々感じることができます。