メニュー

熊本城特別見学通路

熊本城特別見学通路

日本橋2丁目地区プロジェクト

東京虎ノ門グローバルスクエア

上越市立水族博物館 うみがたり

IDEAS

Report
「FUTURE Think++」 近未来型 低層オフィスのコンセプトモデル-2
think with Covid-19 INDEXへ 地域の風土に学ぶ、森の中のオフィス 「FUTURE think++」の具体的アイデアのうち、近未来型低層オフィスのコンセプトモデル-1の続編を紹介します。 家屋を風から守るための屋敷林は、季節の風向に合わせて防ぐ風あるいは取り込む風を選別するように配置されています。地域や地形によって異なる風向きに合わせた屋敷林の姿が風土として根付き、日本の風景をかたちづくっています。 このオフィスでも、計画地域に多数見られる屋敷林の樹木配置に合わせて植樹し、森の中で働くようなオフィスとして計画します。建物周囲の屋敷林が風から守り日射を遮るだけでなく、強風が吹いても建物周囲の圧力を安定させ、建物内に穏やかな風を取り込むことができるようになります。先人が築いてきた風土や文化が、建物規模に関わらずいかに有効であるかがシミュレーションからもよくわかります。 まんべんなく風が抜けるワークプレイス 換気面についても、自然のエネルギーによってワーカーそれぞれが快適と感じられ調整できる環境づくりが持続的な感染対策につながります。まずワークプレイスの全体にまんべんなく通風がとれる建物の骨格が重要です。窓はワーカーが換気量をコントロールできる開閉しやすいものにします。ワーカーが自ら調整して心地よさを獲得し、ワークプレイス全体では多様な気流が現れることになります。 上部から風を抜く天窓を用意することにより、上空を抜ける風の誘因効果と太陽光の熱による重力換気の力を使って、ワークプレイス外周の窓から取り込んだ外気を上部で排気します。空調は床から吹くことで、冷房・暖房の空気も自然換気の気流と同じように流れていくことになります。上部の人がいないレベルが風下となる感染リスクの低い自然換気モデルです。 気流コントロールとクールビズ&ウォームビズが自然換気の期間を拡げる コロナ以降、リモート会議が急速に一般化ました。リモート会議では、出勤者はワークプレイスから、在宅勤務者は自宅のプライベート空間から出席します。自宅からの参加者はリラックスした服装、ワークプレイスから参加する人も社外の人に会う機会が減ったこともあってネクタイをしないセミカジュアルな服装というケースも多いかと思います。リモート会議の日常化は、場所だけでなく、働く服装の感覚にも小さくない影響を与えたのではないでしょうか。 2005年から環境省が主導したクールビズ・ウォームビズは、衣服を軽装化して電力消費を小さくするというものです。衣服の軽装化に加え、夏期は気流を感じることで涼感を得られれば少し室温が高くても快適と感じられ、さらに冷房設定温度を上げられるかもしれません。 SET*(Standard New Effective Temperature)という、人の周囲を取り巻く気温だけでなく湿度・風速・熱放射・活動量・着衣量を加味することで異なった条件の温熱環境を比較できる温熱感覚指標があります。このSET*を使って、計画地の年間の気候において、自然換気の期間をいかに広げるかを試算しました。横軸が1年間、縦軸が24時までの時間を示しており、自然換気できる期間・時間帯が緑色に示されています。計画地の気候条件によりますが、気流と着衣を調整すれば自然換気可能時間が30%以上広がる計算となります。 自然の風をワークプレイスにとりこみ、気候に合わせて衣服を調整する。 これが感染リスクを下げ、人も快適で地球環境にもやさしい、「新しい働き方」につながります。
Report
「FUTURE think++」 近未来型 低層オフィスのコンセプトモデル-1
think with Covid-19 INDEXへ EBW [Environment Based Working] 「FUTURE think++」の具体的アイデアのうち、郊外のオフィスプロジェクトを題材に近未来型低層オフィスのコンセプトモデルを紹介します。​ ​作業やコミュニケーションの種類によって働く場所を選択するABW [Activity Based Working]と呼ばれているワークスタイルがありますが、このオフィスではこれに加えて心身のコンディションや個々人の感覚によって「環境」を選ぶことができるワークスタイルEBW[Environment Based Working]を提案しています。​ ​自然豊かな立地にある、1フロアのオープンオフィスを十字の吹抜けで4つに分割したボリューム構成のオフィスです。光・風・熱・音などの外的環境を建物外周だけでなく、十字吹抜けのトップライトからも取りこみ、広いワークプレイスにおいても環境の変化を取り込みやすい骨格としています。ワーカーは、一人ひとりの感覚に応じて働く場所をその時間ごとに選び、快適に働くことができます。1日の陽の動きを意識して場所を選び、空調や照明が安定したインテリアで仕事をすることもあれば、窓の近くで外の景色が見える場所を選ぶことも、時にはテラスに出て緑に触れて新鮮な空気を吸うこともできます。外部環境を感じられるワークプレイスは、ワーカーの体内時計を安定させ、ワーカーの免疫力も自然と向上させるに違いありません。​ ワークプレイスに多様な環境をつくる 例えば公園を散歩していれば、気温や湿度の時間ごとの変化だけでなく、陽が射し、そよ風が吹き、雲が流れ、と環境は緩やかに変化します。そんな環境の変化に応じて、人は体を動かし、服を変え、汗をかき、個々人の身体や好みに合うように調整して「気持ちよい」と感じる状態を自ら獲得しています。この調整して快適さを獲得する過程そのものが人の心身の健康につながっています。​ ワークプレイスにおいても、公園ほどではなくても、緩やかに環境の違いがあってはどうか。場所によって、温度、明るさ、気流、あるいは音といった複数の環境要素が少しずつ違うだけで、ワークプレイスの中に環境のムラのようなものがうまれます。ワーカーは、自分の体調や好み、あるいは作業内容によって環境を選んで働くことができます。自らが居場所を選んで快適を獲得することは、外部環境で私たちが日々行っている「気持ちよい」と感じることの延長であり、健康な暮らしそのものに近づくのではないでしょうか。​ 「多層のセンシング」で環境を可視化して選択する 多様な環境が用意されたワークプレイス内には各種センサーを設置して、温度や明るさ、音、気流、人口密度などの室内環境の多層レイヤーの情報を得ることができます。これらの情報を掛け合わせてスマートフォンで共有すれば、自分が好みの働く場所を判断する材料になります。今日の作業は「明るくて」「静かで」「風がゆっくり流れていて」「人が少ない」「柔らかい椅子」の場所がよいと思えば、ワークプレイス内のそんな場所を見つけてくれ、席を選ぶ、人が動くきっかけを与えてくれることにもなります。​ フリーアドレスの広いワークプレイスで、自分好みの環境を選んで働く。健康な新しい働き方を実現するための建物とワーカーをつなぐこのツールが、ワークプレイス内での快適性とともに感染症対策にもつながります。​
Video
動画|What we Create?
4組8人の日本設計社員が、プロジェクトの体験談を通して何を創り出せたのか、その仕事にどのような瞬間があり、どのように感じたのかを語ります。

PROJECTS

NEWS

2021.03.01
ニュース
新型コロナウイルスの感染拡大防止への対応について (その10)
  2月26日(金)に日本政府より「緊急事態宣言」についての一部解除が決定されました。 それを受けまして日本設計では、政府ならびに自治体の方針に沿って、社員とその家族や関係者の皆さまの健康と安全に留意するため、首都圏では今までの施策を継続し、解除地域では一部見直しを加えながら、引き続き感染防止に努めて参ります。 引き続き、クライアントの皆様ならびにご関係の皆様には、多大なるご不便ならびにご迷惑をおかけ致しますが、この社会状況をご勘案いただきまして、何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 以上
2021.03.01
ニュース
2021年3月1日付 人事について
以下、本文をご覧ください。
2021.02.19
受賞ニュース
2020年度 第14回 建築九州賞(作品賞)受賞のお知らせ
熊本城特別見学通路が2020年度 第14 回 建築九州賞(作品賞)でJIA 特別賞を受賞しました。
page top
RECRUIT
日本設計のチームを支えるのは
あなたの情熱と意欲です。
採用詳細ページへ