メニュー
  • 中文
  • EN
Youtube
  1. HOME
  2. PROJECTS
  3. OMO7大阪 by 星野リゾート
OMO7大阪 by 星野リゾート
みやぐりん(緑地)が広がる正面。昔、この地を行き来した北前船の帆から発想した膜外装は、建築物の重量感を無くしながら、お客さまを包むイメージ。性能面では、環境負荷低減の外皮遮熱膜としても活躍する。
OMO7大阪 by 星野リゾート
膜外装に映し出される「OMOいがけない」、「OMOしろい」演出映像。湯上りに芝に座り、巨大スクリーンとなった膜外装を見上げる人々から歓声があがる。
OMO7大阪 by 星野リゾート
屋内外とJRのプラットホームを繋ぐインタラクティブな空間構成。St3.2mmの板を折紙の様に曲げて面剛性を高め、内外空間を視覚的、日本的に連結する。
OMO7大阪 by 星野リゾート
深い軒下空間は日本の伝統建築を感じさせる中間領域。地面から浮遊する軒は外装膜とともに軽快感を醸し出す。
OMO7大阪 by 星野リゾート
中央の芝を囲み段状に配置されたテラス。行き来する電車を見ながら、都会の中の非日常空間を楽しむ。
OMO7大阪 by 星野リゾート
大阪のOMOマップを見ながら旅の夢を膨らませる客室。膜外装のフレームで切り取られた夜景は、水平線を強調しながら特別な思い出を創出する。

OMO7大阪 by 星野リゾート

OMO7大阪 by 星野リゾートは、新今宮駅前北側にあります。これまでは、空港や駅からアクセスしやすい好立地にありながら、大阪に住む人もなかなか足を踏み入れないエリアでした。過去のイメージを払拭し、このエリアを新たに活気づけるためにホテル計画が始まりました。クライアントの「ゲストだけでなく、新今宮駅の利用者全ての人にベネフィット」に表された想いを実現し、名前の由来である「OMOてなし」「OMOしろい」「OMOいがけない」というイメージに沿って、明るくアクティブな建築を生み出しました。
敷地南側には道路と2階を緩やかにつなぐ「みやぐりん」と名づけた緑化広場を配置しました。「みやぐりん」は誰もが使える広場で、緑豊かな景観をつくりだし、駅前のにぎわいを生み出します。
客室は外装膜で包まれ、都市の中で建築自体が行燈のように光り、季節ごとのイベントなどに応じた特殊映像を映すスクリーンとしても楽しめます。この外装性能は、近隣マンションへのプライバシー配慮、日射負荷抑制、巨大壁面の圧迫感軽減などからも採用されました。
このホテルでの豊かな体験が、この地域の新しい未来につながることを期待しています。
SERVICES
KEYWORD

プロジェクト 概要

OMO7大阪 by 星野リゾート
星野リゾート
大阪市浪速区
ホテル
2021年11月
37,253.18㎡
RC造 一部S造、SRC造
地上14階
基本構想・設計・監理:日本設計
基本構想・内装:東環境・建築研究所
湯屋:岩田尚樹建築研究所
ランドスケープ:オンサイト計画設計事務所
1,3:星野リゾート
2,4,5,6:稲住写真工房

RELATED PUBLISHING

page top