先輩社員紹介

お客様との打ち合わせに同行する機会に恵まれ、
実社会で建築を設計していくという仕事のやりがいを実感。

加藤 瑞樹

MIZUKI KATO
建築設計群 2 0 1 4 年入社
加藤 瑞樹 | 建築設計群

日本設計に入社した理由は何ですか?

就職活動に際しては、芸術と技術の融合された、チームワークによって創造される建築の設計を志し、組織設計事務所を志望していました。その中で、それぞれ異なる組織の特徴は建築はもちろんですが、その組織を成す人によって現れることを強く感じました。
そして「この人と共に仕事がしたい!」と強く思える人たちに日本設計で出会えたこと。このことが入社を決意した最初の大きなきっかけとなりました。

入社1年目はどんな仕事をしましたか?

入社1年目は本配属前の新人研修期間ということで、3ヶ月~6ヶ月程度のスパンで部署異動をしながら様々なプロジェクトを経験しました。具体的には、日本設計の強みである都市スケールで取り組む大規模再開発の基本構想・基本計画策定業務、某私立学校の基本設計業務などに携わりました。後者では、幸いなことにお客様との打ち合わせに同行する機会に恵まれ、実社会で建築を設計していくという仕事のやりがいを実感しました。

仕事以外に力を入れていることはありますか?

複数の自主的な研究会・勉強会の活動に参加しています。忙しい仕事の合間を縫っての活動ですが、いずれも年齢や所属部門を超え、メンバーがそれぞれの経験や知見を交換し合う貴重な会です。有志の若手社員を中心にこの4月から発足させた研究会は活動内容もまだまだ手探り状態ですが、きっとめぐりめぐって自身が建築を設計する上での糧になると信じてこれからも継続的なものとしたいと考えています。