メニュー
  • 中文
  • EN
  1. HOME
  2. RECRUIT
  3. 先輩社員紹介
  4. 村瀬 弘幸
先輩社員紹介
長く使っていただける高品質な建物を実現するために
日々研鑽しています。

村瀬 弘幸

HIROYUKI MURASE
コスト設計部
2012年入社

日本設計に入社した理由は何ですか?

環境を常に意識し社会的付加価値の高い建築を設計していること、真摯に自分の意見を聞いてくれる社風であることが日本設計に入社した理由です。
社会にとってより良い建物を残すというのは設計事務所の使命だと思いますが、潤沢な予算があるプロジェクトは稀です。コストバランスを鑑み、より良いものへと昇華させていくためには綿密なコミュニケーションが欠かせません。職位や年齢など関係なく言いたいことを言え、聞いてくれる環境が日本設計にあるということが決め手でした。

今はどのような仕事に携わっていますか?

コスト設計に携わっていると、複数のプロジェクトを掛け持ちすることが多く、官民、新築改修、用途、規模、国内外問わず様々な仕事を同時並行的に進んでいます。基本設計や実施設計などプロジェクトのフェーズが異なる場合がほとんどで、プロジェクト毎に頭を切り替えることや時間配分に苦労しています。多くのプロジェクトに接するため、日々の情報収集や勉強が欠かせませんが、好奇心旺盛な自分にピッタリな仕事かもしれないと思っています。

仕事のやりがいはどういうところにありますか?

「クライアント、施工者、社内問わず関係者から信頼されること」です。コスト設計の業務は重要な局面での意思決定に関わることが多く、素早い判断力とそれを支える日々の積み重ねが非常に重要です。まだ経験年数が浅く、経験に裏打ちされたノウハウを十分に有していないということもあり、若さゆえ関係者を不安にさせてしまうケースもあります。ベテランに引けを取らない入念な準備と自信を持って説明することで信頼を勝ち取り、頼りにされる関係を築きあげ、より良い意思決定を支援できた時には日々の苦労も報われます。

若手スタッフに求めることはどのようなことですか?

様々なことにチャレンジしようとする好奇心旺盛さ、なんでも貪欲に吸収しようとする勉強熱心さだと思います。私自身、この仕事に携わってから10年近く経とうとしてますが、まだまだわからないことだらけで勉強の毎日です。社内はもとより、クライアント、施工者、メーカーなど、それぞれの専門性に長けた方から意見をもらいながら業務を遂行しています。分からないことがあれば、まずは自分で調べ、それでも分からなければ先輩や各種専門家から意見を聞くといった手順を躊躇なく実行できる行動力を持ち合わせていることも大切だと思います。

page top