先輩社員紹介

個人の意見や希望をどんどん発言できる雰囲気なので、
積極的に経験を重ねていきたいと思っています。

小早川 拓

HIRAKU KOBAYAKAWA
構造設計群 2014年入社
小早川 拓 | 構造設計群

日本設計に入社した理由は何ですか?

設計事務所でより深く設計を学びたいという思いと、小規模な建物から大規模な建物まで幅広く設計したいという思いがありました。そこで、水族館から超高層ビルまで多様な実績のある設計事務所であったことから、日本設計に入社しました。
個人の意見や希望をどんどん発言できる雰囲気なので、これからも積極的に経験を重ねていきたいと思っています。

入社1年目はどんな仕事をしましたか?

構造設計群では、1年目から先輩に教えてもらいながら、実際の設計業務を通して仕事を覚えていきます。私は、超高層建物で中間層免震構造の庁舎を担当しました。
メインフレームの構造設計については、私の力足らずで出来ずに悔しい思いをしました。しかし、自社開発プログラムの入力作業や2次部材や雑物等の設計は、最後までやりきることができました。できたこと、できなかったことともにとても印象深く、大きな経験になりました。

職場の雰囲気を教えてください

真剣に設計に取り組みながらも和気藹々としていて、若手でも自分の意見を発言しやすい雰囲気だと思います。
業務のあるときは真剣に取り組み、無いときはすぐに帰るよう、メリハリのある取り組み方ができます。また、部門内はもちろん、仕事や趣味を通じて親しくなる機会は沢山あります。
私の場合、同期で仲が良いので、よく飲み会や旅行などを企画して楽しんでいます。