南山大学 名古屋キャンパス 食堂棟リアン

南山大学 名古屋キャンパス 食堂棟リアン

地形を活かして建築と溜り場と通路を立体的に配置することで、
学生たちの活動がお互いによく見え、新たな活動を誘発し合える交流エリアをつくり出します

南山大学 名古屋キャンパス 食堂棟リアン

大きな開口部によってキャンパス内の豊かな緑を取り込み、樹形の柱、自然光の入るトップライトを設け、
内外の空間が一体に感じられる食堂ホールは、学生たちの快適な居場所となります

南山大学 名古屋キャンパス 食堂棟リアン

食堂広場、デッキ、食堂ホールをつなぐ開放的な東ファサード

南山大学 名古屋キャンパス 食堂棟リアン

駐車場、運動エリアからの動線を受け止める西側ファサード

南山大学 名古屋キャンパス 食堂棟リアン

トップライトと柔らかな居場所をつくる光天井

説明
アントニン・レーモンド氏の設計による南山大学のキャンパス再編に伴い、新食堂棟を増築しました。
緑豊かで特徴的な高低差のある地形に、学生たちの新しい交流の場をつくることが求められました。

主たる交流の場になる食堂ホールを2階に設け、外部のテラスを介して森の広場、1階のクラブハウスのピロティとつなげることで、交流の場を外部にも立体的に設けました。
外観は、周囲のアントニン・レーモンド氏設計の建築と調和するように、打ち放しコンクリートと赤土色のタイルとしました。
内観は、同氏の設計思想「自然を基本として」を現代的に実現するため、自然採光、自然通風が可能なトップライトを環境装置として設け、その構造を樹形の細い柱とすることで、内外の空間が一体に感じられる新しい学生たちの交流の場を実現しました。
概要
名称
南山大学 名古屋キャンパス 食堂棟リアン
建築主
南山学園
所在地
愛知県名古屋市
主用途
大学
竣工
2016年7月
延床面積
1,730㎡
構造
RC造、S造
階数
地上2階
備考
共同設計/大林組
写真撮影
滝田フォトアトリエ