国際基督教大学 新体育施設

国際基督教大学 新体育施設

エントランス棟の大きなキャノピーは、体育施設群を繋ぐネットワークの拠点であり、学生が日常的に溜まれる居場所を提供する

国際基督教大学 新体育施設

CLT型枠を採用した列柱

国際基督教大学 新体育施設

自然光が入る明るいプール棟は、キャンパスの木々と調和する高さを抑えた樹状トラス構造

国際基督教大学 新体育施設

自然換気を活用したメインコート棟は、一般流通材を活用し、シャープな部材が軽やかな印象を与える大空間

国際基督教大学 新体育施設

5つの緩やかにカーブする屋根で全体のボリューム感を抑えたリズミカルな構成が、緑豊かなキャンパスに溶け込む配置計画

説明
ICUキャンパスの森に、優しく柔らかな木の体育館をデザインしました。

森の中に、ミニマルなカーブする屋根が舞い降りたような形状を表現しながら、内部には、用途ごとに多様な空間を用意し、それぞれの空間の性能と特性に応じて、最適な木造システムを共存させました。
高い天井が必要なアリーナ棟は集成材によるアーチ構造、プール棟は樹状アーチ構造、エントランス棟は屋根をLVLによる折板構造とし、エントランスキャノピーとの連続性を確保しました。

今回の新築は既存の体育施設と一体利用され、エントランスキャノピーは、新旧の体育施設とグラウンドをつなぐ新しい拠点となります。
屋内環境づくりとしては、自然換気と機械空調を併用するハイブリッド空調を採用。窓の開閉と空調の組合せによる5つの空調モードがあり、室内温熱環境に合わせて自動制御で切替わる、使いやすい環境建築となりました。
概要
名称
国際基督教大学 新体育施設
建築主
国際基督教大学
所在地
東京都三鷹市
地図
主用途
大学 体育施設(コート・プール・ダンスジム・テニスコート他)
竣工
2018年11月
延床面積
3,916 ㎡
構造
RC造、木造
階数
地上2階
備考
プロジェクトマネジメント:インデックスコンサルティング
基本設計・デザイン監修:日本設計・隈研吾建築都市事務所
実施設計・監理:前田建設工業一級築士事務所/日本設計(木造部分共同設計)
設計協力:ホルツストラ(稲山正弘 東京大学)
写真撮影
川澄・小林研二写真事務所
受賞
2019年 第22回木材活用コンクール木材活用賞
2018年 平成28年度 国土交通省サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)