駒場学園高等学校新体育館 新世紀会館

駒場学園高等学校新体育館 新世紀会館

既存建物と調和のとれた配置配置と生徒の活動の場となる屋上庭園

駒場学園高等学校新体育館 新世紀会館

西側の日射に対する配慮(縦ルーバー)のある外装

駒場学園高等学校新体育館 新世紀会館

生徒の活動が外部に表出するカーテンウォール

駒場学園高等学校新体育館 新世紀会館

生徒の活動の場ともなる階段

駒場学園高等学校新体育館 新世紀会館

競技者が支障とならない自然採光システムを採用した体育館

説明
この計画は2002年に竣工した建物の増築計画で、最後に残っていた既存体育館の建替計画です。

この体育館では必要な諸室以外に生徒が活動する場を創出すること。そして、その生徒の活動が共用部に表出することにより、クラスや学年を超えた交流が生まれることを目指しています。
各諸室をつなぐ階段は直階段としてエントランスプラザ側に設け、開放的なカーテンウォールによりそれを実現しています。
また、大きな庇を設けた雨の日も活用できる屋上庭園や駐車場としても利用されていたエントランスプラザには計画建物に機械式駐車場を新たに設けることにより、生徒の活動の場として利用できるようにしています。     
概要
名称
駒場学園高等学校新体育館 新世紀会館
建築主
学校法人駒場学園
所在地
東京都世田谷区
地図
主用途
高等学校
竣工
2018年2月
延床面積
3,929 ㎡
構造
鉄筋コンクリート造
階数
地上4階 地下1階
備考
音響コンサル:内田音響設計室
写真撮影
日暮写真事務所