室町東三井ビルディング

室町東三井ビルディング

正対する三井本館(左手前)と本計画

室町東三井ビルディング

多目的ホール

室町東三井ビルディング

三井本館と呼応する西側ファサード

室町東三井ビルディング

建物全景

説明
本計画は、東京日本橋地区において都市再生特別地区により実現した事務所、商業を中心とした複合施設です。

中央通りをはさんで計画地の西側には、三井本館、日本銀行、日本橋三越本店等の西欧型新古典主義建物群が並んでいます。一方東側は、旧魚河岸を中心に発展した江戸の町人文化の流れを汲む老舗群となっています。

こうした東西の対照的な文化的コンテクストを持つ街並みの調和を図り歴史の記憶を計画に組み込むため、低層部のファサードは街路毎に、そのスケールとコンテクストに合わせ、異なる“文法”を用いて注意深くデザインしています。また街の賑わいの核として、中間階に1,000人規模の多目的ホールを実現させています。
概要
名称
室町東三井ビルディング
所在地
東京都中央区
地図
主用途
事務所、劇場、飲食店舗、物販店舗
竣工
2010年9月
延床面積
40,363㎡
構造
SRC造、S造(柱CFT)
階数
地上22階 地下4階
写真撮影
エスエス東京支店
受賞
2016年 平成28年度 土地活用モデル大賞(国土交通大臣賞)
2016年 第57回 BCS賞(特別賞)
2011年 IES Illumination Awards of Merit 2011(International Section)