日本橋三井タワー

日本橋三井タワー

日本橋三井タワー

日本橋三井タワー

日本橋三井タワー

日本橋三井タワー

説明
同一街区内の重要文化財建築物「三井本館」(昭和4年に完成)を保存しながら、隣接して高さ194mの超高層ビル「日本橋三井タワー」を建設する計画です。

開発手法として特定街区を用い「三井本館」の床面積相当分を割増容積として活用する、都の「重要文化財特別型特定街区制」の適用第1号となりました。都市における歴史遺産の保存・継承と再開発を両立させています。
概要
名称
日本橋三井タワー
所在地
東京都中央区
地図
主用途
事務所、ホテル、美術館、商業
竣工
2005年12月
延床面積
133,855 m²
構造
S造、SRC造、RC造
階数
地上41階 地下4階
写真撮影
川澄・小林研二写真事務所
受賞
2007年 第17回 AACA賞(特別賞)
2007年 第48回 建築業協会賞
2006年 グッドデザイン賞(環境・建築デザイン部門)
2006年 平成17年 照明普及賞(優秀施設賞)
2006年 第40回 SDA賞(B-1 入選)
2006年 第11回 ステンレス協会賞(優秀賞)