立教大学 諸聖徒礼拝堂 (改修)

立教大学 諸聖徒礼拝堂 (改修)

西側「聖書の庭」からのぞむ礼拝堂

立教大学 諸聖徒礼拝堂 (改修)

南側からのぞむ礼拝堂外観

立教大学 諸聖徒礼拝堂 (改修)

2階会衆席からのぞむ礼拝堂内観

立教大学 諸聖徒礼拝堂 (改修)

電動サッシ開閉の様子 (スチールサッシと既存木製サッシ共に開放状態)

説明
立教大学諸聖徒礼拝堂は立教大学のキリスト教教育の拠点となっているレンガ造建築で、東京都歴史的建造物に選定されています。
本建物は、1918年の竣工以降、免震化や外壁や瓦の改修などを行いながら大切に使い続けられてきた施設です。

この度、新しいパイプオルガンの設置に伴い、内装改修を行いました。
改修の目的は、より良い音響空間とするための防音性能の確保や、授業での利用も想定した照度改善です。
工事内容は、天井の2重化や、建物内側にスチール製の建具の新設などです。照明計画の全面見直しも行い、照度だけでなく夜景の修景も行いました。
既存のインテリア意匠を損なうことなく機能改善を行い、今後も利用され続ける施設として相応しい建物に改修しています。
概要
名称
立教大学 諸聖徒礼拝堂 (改修)
所在地
東京都豊島区
主用途
学校、宗教施設
竣工
2013年7月
延床面積
505㎡
構造
レンガ壁、木造小屋組
床免震
階数
地上2階
写真撮影
篠澤建築写真事務所