同志社女子大学 蒼苑館

同志社女子大学 蒼苑館

歴史ある学舎の佇まいを継承したファサード

同志社女子大学 蒼苑館

おおらかに学生たちを迎えいれる大階段とテラスのあるアプローチ

同志社女子大学 蒼苑館

連続したアーチが居心地のよい空間をつくるテラス

同志社女子大学 蒼苑館

端正なアーチ天井と温かみのある木格子をもつ心地よい緊張感のあるラウンジ

同志社女子大学 蒼苑館

明るく気持ちのよい階段

説明
蒼苑館は、同志社女子大学に新たに創設された、看護学部と薬学部のための実習棟です。
キャンパスマスタープランの提案から始まったこのプロジェクトでは、2つのことが大きなテーマになりました。

1つめは、緑あふれるキャンパスに新たな学生の賑わいを生み出すこと。
低層部にはピロティやテラス・ラウンジ、明るい開放的な階段を配置しています。外に広がるキャンパスと内部空間との連続性をつくることで、学生の新しい流れを生み出しています。

2つめは、大学の伝統を継承すること。
かつて同志社大学には、日本で二番目の看護婦養成学校「京都看病婦学校」が実在しました。そこから培われてきた大学の伝統を大切にすることを考えました。
キャンパスのデザインモチーフである赤レンガタイルとふたごの切妻屋根という構成を基軸に、温もりのある木素材、曲線でデザインしたPCaの形状、テラスの庇を構成するアーチ、それらによって生まれる柔らかな影など、歴史ある学舎群の佇まいを継承しつつ、品格を感じる端正なディテールで現代的にリ・デザインしています。
概要
名称
同志社女子大学 蒼苑館
建築主
同志社
所在地
京都府京田辺市
主用途
大学
竣工
2015年2月
延床面積
5,380 m²
構造
RC造、S造
階数
地上5階
写真撮影
稲住写真工房