メニュー
  • 中文
  • EN
Youtube
  1. HOME
  2. PROJECTS
  3. 新砂プラザリニューアル
新砂プラザリニューアル
北面ファサード。四半世紀を経た今でも創建時と変わることのない端正な美しさを湛えている。
新砂プラザリニューアル
リニューアルされたメイエントランス。ピロティ駐車場の一角を改修し、豊かな植栽帯を前景とする品格あるアプローチ空間へと再生した。
新砂プラザリニューアル
2階ロビーから屋外テラスへ向けた眺め。内部と外部が混ざり合う、ボーダレスで広がりのある空間が生まれている。
新砂プラザリニューアル
オフィスの既存ペリカウンターを改修し、内部に制振装置とファンコイルユニットを設置した。

新砂プラザリニューアル

新砂プラザは1993年竣工、江東区の臨海部に建つ17階建てのオフィスビルです。竣工後四半世紀が経過した2019年よりテナント退去にあわせた全館大規模リニューアルを実施しました。この建築の大きな価値は、エントランスや基幹設備などの主要機能を2階以上の階に計画した万全な浸水防止対策、将来的な改修や機能更新を視野に入れ、余剰スペースを内包した建築計画、周辺の街並み形成にも寄与する緑豊かなオフィス環境形成など、昨今のBCPやSDGsにも通じる理念を取り入れた先見性にあると言えます。リニューアル計画は、これらの価値を受け継ぎ、未来に繋げることを目標に取り組みました。改修は、基準階オフィス及びエントランス、トイレなど共用部の機能充実化とデザイン更新、設備更新からなる「リニューアル工事」、長周期地震動対策として制振改修を行った「制振補強工事」、オフィスエリアへの72時間電源供給により防災性能を強化した「BCP対応工事」の3つの工事により構成されます。建築・構造・設備のバランスの取れた改修が生みだす相乗効果により、「自然災害に強い建築」「オフィスビルの品質向上と汎用性」という新たな価値を獲得し、百年建築に向けた長寿命化を実現しました。
SERVICES
KEYWORD

プロジェクト 概要

新砂プラザリニューアル
JST株式会社
東京都 江東区
事務所
2020年7月 新築時:1993年3月竣工
36,847.91㎡
S造、一部RC、SRC造
制振構造への改修
地上17階 塔屋1階
プロジェクトマネジメント:日鉄興和不動産
1枚目:©SATOSHI ASAKAWA
2~4枚目:エスエス東京支店
page top