アーベイン博多駅前ファースト

アーベイン博多駅前ファースト

全室トレインビューのターミナル棟住宅

アーベイン博多駅前ファースト

プライバシーに配慮した構えの住宅棟エントランス

アーベイン博多駅前ファースト

落ち着きのある住宅棟エントランスホール

アーベイン博多駅前ファースト

開放的な設えの住戸

アーベイン博多駅前ファースト

動と静を表現する照明計画

説明
空中歩行者通路により博多駅と直結する、低層部がバスターミナル、高層部がUR賃貸住宅の計画です。博多駅直結という「動」の敷地環境と、居住施設という「静」の用途を心地よく共存させることにこだわりました。
異なる人の流れを「むすぶ」場所として動線をデザインし、住宅部分全体と、住宅・施設それぞれのエントランスを門型に「つつむ」ことで、それぞれの構えをつくる工夫を施しました。
また、博多周辺の景観照明を数多く監修する照明デザイナーと共同した光のデザインは、駅前の景観と本施設を「つなぐ」ポイントの一つとなっています。
概要
名称
アーベイン博多駅前ファースト
建築主
独立行政法人都市再生機構
所在地
福岡県福岡市
地図
主用途
共同住宅、バスターミナル、カプセルホテル、店舗
竣工
2018年8月
延床面積
15,433m
構造
RC造、一部S造
階数
地上14階
備考
共同設計 株式会社URリンケージ
照明計画 松下美紀照明設計事務所
写真撮影
株式会社 川澄・小林研二写真事務所