代官山アドレス

代官山アドレス

高層住宅棟と広場を中心に配置し、駅と街を2本の人道橋でフラットに結んだ街区構成

代官山アドレス

低層部を石貼りとし、大きなガラスにより商業空間のにぎわいを演出している八幡通り側ファサード

代官山アドレス

歩道状空地と人工地盤を緑化した北側ファサード

代官山アドレス

商業店舗の開放的な吹抜け空間

代官山アドレス

旧同潤会アパートのファサードイメージを再現した北側外壁

代官山アドレス

アートワークの柔らかな光に包まれた広場

説明
同潤会代官山アパートの建替え、再開発によって建設された複合施設です。
駅と街の接続、南北・東西の動線の確保、歩道状空地の整備などを通じて、街の骨格の再構築、環境整備を行いました。

最大9mの高低差がある地形のなかで、駅と街はフラットにつながれ、バリアフリーでアクセス可能となっています。
また、震災復興を目的に計画された同潤会アパートの建設精神を継承し、耐震性・耐火性を備えた建物としました。
耐震性の向上を図るため、地上2階レベルを人工地盤とし、高層住宅棟には粘性体制震壁を採用しています。

北側の庭園に面した外壁には、同潤会アパートのファサードイメージを再現し、古きよき代官山の記憶を遺しました。
概要
名称
代官山アドレス
建築主
代官山地区市街地再開発組合
所在地
東京都渋谷区
地図
主用途
集合住宅、商業施設、プール、駐車場、変電所 
竣工
2000年8月
延床面積
96,512㎡
構造
SRC造
粘性体制震壁
階数
地上36階 地下4階
備考
設計/日本設計・NTT設計監理共同企業体
写真撮影
川澄・小林研二写真事務所
受賞
2001年 第35回 SDA賞(A-2類 入選)