渋谷区役所

渋谷区役所

渋谷の文化的な特性を抽出したカラーパレットで配色された外観

渋谷区役所

外装には庇、ルーバー、Low-Eガラス、自然喚起窓、緑化ルーバーなどが設えられている

渋谷区役所

代々木公園の緑をイメージしたカラーデザインによる1階メインエントランス

渋谷区役所

低層階をつなぐ直通動線となる公開空地に面した2階エントランス

渋谷区役所

関連する窓口を集約し最新のITシステムを導入した3階窓口フロア

渋谷区役所

大きな開口部と廊下から見下ろす窓を設けた明るく開かれた議場

説明
渋谷区所有地の一部に約77年の定期借地権を設定し、事業主体がその権利金相当額を新庁舎・新公会堂の建設費等にあてることで区の負担を実質ゼロにするという、他の自治体において前例のない官民連携事業です。

敷地は、代々木公園に面する類まれな好立地であり、公園通りの入口にあたります。将来的にはNHK放送会館の建替えによる当エリアの変容も期待されることから、広く区民に活用される場となるよう、「人の流れをデザインする」という街区コンセプトのもと、新庁舎、新公会堂の他、新たに超高層住宅棟(定期借地権部分)を一つの街区に再編し、行政サービス、エンターテインメント、アーバンライフにおいて多様な相互関係が生まれることを期待しています。また、既存ストック活用による利便性・利用率の向上を目指し、渋谷区役所前駐車場やシビルガーデンなどの既存施設との機能連携を積極的に行いました。

本プロジェクトでは、実質的に渋谷区の新庁舎・新公会堂の建設費負担を無くしたことから、新庁舎でのパソコン環境の再整備や新たな情報ネットワークを構築することができました。また、文書の電子化と共に保管スペースの縮小を行い、オープンなコモンスペース等、職員の働き方を向上させる空間を設えることにより、職員のON/OFFスタイルの作業環境も充実し、結果として区民への行政サービス向上につながっています。
概要
名称
渋谷区役所
建築主
三井不動産レジデンシャル
所在地
東京都渋谷区
地図
主用途
区役所
竣工
2018年10月
延床面積
31,930㎡
構造
S造、一部SRC造
階数
地上15階 地下2階 塔屋2階
備考
デザイン監修:ホシノアーキテクツ
サイン計画:コトブキ
写真撮影
㈱エスエス 走出直道
受賞
第53回 日本サインデザイン賞 銅賞