新長田合同庁舎

新長田合同庁舎

庇・外部縦ルーバーにより外気熱負荷削減を実現する「環境配慮型庁舎」

新長田合同庁舎

コーナーウィンドウやピロティにより開放性を高めた「まちとつながる庁舎」

新長田合同庁舎

兵庫県産材を積極的に活用したあたたかみのある1階アプローチ

新長田合同庁舎

自然通風・採光を取り込む建物の中心に配置した中庭

新長田合同庁舎

新長田再開発地区の一角に建つ新たな行政拠点

説明
新長田合同庁舎は、阪神淡路大震災で甚大な被害を受けた新長田地区の震災復興で生まれた新しいまちの一角に位置しています。
地域活性化のきっかけとして、周辺地域とのつながりを深めながら、将来に渡って親しまれる庁舎を目指した計画です。
「まちとつながる庁舎」をキーワードに、隣接する建物と庁舎を1、2階で繋ぎ、新長田駅から雨に濡れないアクセスを確保するとともに、シンボルロードに面した高層部のコーナーウィンドウやピロティなど、まちに開かれた構えとし、1階の賑わい施設の活動や賑わいがまちにあふれる構成としました。                                     
また、「環境に配慮した庁舎」として、外部縦ルーバーや屋上緑化、高断熱による外気負荷削減、太陽光パネル、センターボイドによる自然通風・採光、兵庫県産材の内装材への活用など、CASBEE Sクラスの性能を備えた庁舎です。
概要
名称
新長田合同庁舎
建築主
一般財団法人 神戸すまいまちづくり公社
所在地
兵庫県神戸市
地図
主用途
事務所(庁舎)
竣工
2019年6月
延床面積
19,498㎡
構造
S造
階数
地上9階
写真撮影
川澄・小林研二写真事務所