高浜町役場 高浜公民館

高浜町役場 高浜公民館

まちのシンボル「青葉山」のシルエットと調和する切妻屋根

高浜町役場 高浜公民館

庁舎と公民館をつなぐ共有のエントランス

高浜町役場 高浜公民館

在来軸組構法の木造小屋組を現しにしたエントランスホール

高浜町役場 高浜公民館

内装や家具に県産材を活用した議場

高浜町役場 高浜公民館

来庁者を迎え入れる木造庇と障子から漏れる柔らかい光

説明
福井県の最西端に位置する人口約1万1千人の町、高浜町に完成した庁舎と公民館の複合施設です。
自然豊かなこのまちの風景に溶け込むように、外装には町屋や漁村民家の意匠を取り入れています。
瓦屋根・煙出し櫓・袖うだつといった伝統的な技術を取り入れながら、背景に聳え立つ青葉山と調和する切妻屋根を基調としたデザインとしています。

庁舎と公民館の共有エントランスホールは、木造の小屋組を現しにした半外部のような設えとしています。
光や風が感じられ、砂浜の上に建つ「浜茶屋」のような心地良さを目指しました。
この空間を介してお互いの機能が重なり合うような平面計画としており、訪れた人が自然にコミュニケーションをとれるような居場所づくりを意図しています。

環境面では、東西に長い建物配置や切妻屋根の高天井を活かして自然採光や自然通風を最大限取り入れるとともに、床暖房・融雪装置・床放射空調・シーリングファンなどの技術を組み合わせています。
概要
名称
高浜町役場 高浜公民館
建築主
高浜町
所在地
福井県高浜町
地図
主用途
庁舎、公民館
竣工
2016年9月
延床面積
7,414㎡
構造
RC造、W造、S造
木造 在来軸組構法 混構造
階数
地上3階
備考
共同設計/日本設計・未来プランニング設計共同体
写真撮影
稲住写真工房