神戸アイセンター

神戸アイセンター

構造体がガラス越しに現れて建物の意匠を作り出す外観

神戸アイセンター

床段差と家具を用いた様々な使い方が可能なビジョンパーク

神戸アイセンター

コントラストを持った内装計画で弱視の方にも分かりやすい待合空間

神戸アイセンター

明るく優しい色使いの4床室

神戸アイセンター

山並みを望む光溢れるパサージュ

神戸アイセンター

暖かい光に包まれた夜景

説明
神戸アイセンターは、基礎研究、臨床応用、治療、ロービジョンケア・生活支援までをトータルで対応する、世界初の眼のワンストップセンターです。「研究所」、「細胞培養施設(CPC)」、「病院」、「ロービジョンケア」という異なる施設を機能的に水平・垂直に配置させ、各施設の有機的なつながりを実現しています。

L型の敷地形状を最大限に活用するため、貸床部分とコア部分を二分し、その間を「パサージュ」が貫き建物の軸となる計画としました。「パサージュ」は各階共通で光を感じる共用空間とすることで、フロアごとに様々な機能で構成される建物に、一つのつながりを持たせています。

貸床部分を整形で柱の少ない空間とするため、ロングスパンの梁と斜め柱、ブレースを用いた構造計画とし、自由な平面計画を実現しました。
その構造体がガラス越しに現れて、建物の意匠を作り出しています。

高度な医療から社会復帰のサポートまで、全ての方を受け入れる受け皿となる施設を目指しています。
概要
名称
神戸アイセンター
建築主
神戸都市振興サービス株式会社
所在地
兵庫県神戸市
地図
主用途
病院、研究所
竣工
2017年11月
延床面積
8,583㎡
構造
鉄骨造
階数
地上7階
写真撮影
古川泰造