釜石市上中島町復興住宅 Ⅰ期計画

釜石市上中島町復興住宅 Ⅰ期計画

東面

釜石市上中島町復興住宅 Ⅰ期計画

南面

釜石市上中島町復興住宅 Ⅰ期計画

中庭

釜石市上中島町復興住宅 Ⅰ期計画

A棟外観

説明
2011年3月11日発生の東日本大震災における復興公営住宅として、木造以外でまとまった規模で建設された最初の計画です。
Ⅱ期計画と合わせて、総戸数210戸の大規模な復興住宅団地でとなっています。

この計画では、震災被害のなかった釜石市西部地区を、津波浸水被害のあった東部の市街地復興支援地区として位置づけ、都市基盤の強化を図りました。
また、緊急性を要する復興住宅に求められる手法として、新日鐵住金の社有地に新日鉄興和不動産が薄板軽量型鋼造(通称スチールハウス)によって復興住宅を建設後、釜石市が市営住宅として一括買い取る方式を採用しました。

東日本大震災での復興公営住宅の整備上の課題としては、住宅用地の希少性、全国平均を上回る高齢化率、都市活力の低下がありました。
被災後の度重なる転居によって失われた地域コミュニティーの回復と、高齢者の見守りの観点から、中庭をコミュニティーの核としてそれを取り囲むように住棟を配置し、各住棟をブリッジによって結んでいます。
概要
名称
釜石市上中島町復興住宅 Ⅰ期計画
所在地
岩手県釜石市
主用途
共同住宅
竣工
2013年3月
延床面積
3,507m²
構造
鉄骨造
アウターフレームCFH®架構システム

薄板軽量形鋼造
NSスーパーフレーム工法TM
階数
地上3階 1棟
写真撮影
心象舎