東京都立練馬工業高等学校

東京都立練馬工業高等学校

ものづくりスクエア上部の屋上緑化
のこぎり型の屋根から自然採光・通風を確保できる

東京都立練馬工業高等学校

ものづくりの興味を引き出す ものづくりスクエア
学校の中心に配置しどこからでも見える構成
約800㎡のワンルーム空間で機器の可変に対応するフレキシビリティな空間

東京都立練馬工業高等学校

学校のシンボルツリーのケヤキがハイサイドライトより見える張弦梁のアリーナ
大スパンの空間を構成する張弦梁はアクセントカラーとしてケヤキの緑を採用

東京都立練馬工業高等学校

中庭越しに、ものづくりスクエアを見ることができるエントランスホール
壁面は作品やパネルを展示できる設えとし、日常的にものづくりの雰囲気を感じられる空間

東京都立練馬工業高等学校

普通教室前にあるロッカースペースをかねた生活空間の多目的スペース

説明
エンカレッジスクールとして、生徒の意欲を引き出し、基礎学力の向上を図るため、30分授業、習熱度別授業、少人数実習、幅広い体験学習等、特色のあるカリキュラムが組まれている学校です。

「つなぐ学校」をメインコンセプトとし、次の3つの「つなぐ」を実現し、成長できる学校を目指しました。
1. 「場所や活動をつなぐ、練工らしさを生かす学校」
のこぎり屋根の実習室を中心に回遊性のある平面とし、ものづくりの興味を引き出すための実習や他学年の活動が見える空間構成としました。
2. 「光や風をつなぐ、環境教材となる学校」
【省エネ・再エネ東京仕様】に基づき、共用部には光庭やジャロジー窓を、学校の中心に配置した「機械手仕上実習室」にはのこぎり屋根のハイサイドライトを設け、自然採光・通風による快適な環境を生み出しています。
3. 「人と人をつなぐ、豊かな人間性を育む学校」
生徒の居場所に選択性を持たせるため、教育の場であると同時に生活の場としても多様な環境を作りました。
概要
名称
東京都立練馬工業高等学校
建築主
東京都
所在地
東京都練馬区
主用途
高等学校
竣工
2016年10月
延床面積
19,399㎡
構造
RC造、S造、SRC造
階数
地上3階
備考
計画指導/上野淳(首都大学東京)
写真撮影
輿水 進