メニュー
  • EN
  • 簡体
  • 繁体
Youtube Instagram
  1. HOME
  2. PROJECTS
  3. 須賀工業本社ビル
須賀工業本社ビル
大横川に面し各階バルコニーを構えた自然と呼応するファサード
須賀工業本社ビル
永代通りに面しガラスの階段室を構えた都市と呼応するファサード
須賀工業本社ビル
間接光による柔らかい光環境の執務室
須賀工業本社ビル
心地よい自然環境を感じるバルコニー
須賀工業本社ビル
内外の中間的な環境をつくる階段室

須賀工業本社ビル

新型コロナウイルス感染症の状況下、これからのオフィス空間のあり方について模索してきました。須賀工業の120周年事業の一つとして、経営理念である「『安全・安心・快適な空間環境』の提供と『新しい価値』の創造」を実践し、次世代ワークプレイスの実現を目指しました。
ワーカーが心身共に健やかに働けて、サステナブルで環境負荷が低く、クリエイティブな発想につながる空間のため、〈健康〉〈環境〉〈知的生産性〉をキーワードとしています。周辺環境に対して閉じることで安定した内部環境を生み出していた従来型のオフィスではなく、開放的で変化のある環境の中でワーカーが働く場を選択し、交流できる空間です。
敷地は南に大横川、北は永代通りに面し、豊かな自然と大きな都市の両面を持つ立地です。空気調和・衛生設備事業のパイオニアである須賀工業の技術力と敷地の潜在力を掛け合わせ「健康になる環境デザイン」をコンセプトに掲げました。
大横川の豊かな自然環境に面する南側は各階にバルコニーを設け、北側の永代通りの都市的な活動に対してはカーテンウォールと一体となった階段室を設けて、南北で対照的な外部環境を生かした構えをつくりました。
環境差を段階的に捉え、空間としてオフィスに必要な静動の機能に合わせプランニングしました。中央の執務空間では南北で移り変わる環境を感じることができます。同時に人の動きが環境の移ろいを生じ、人の行動と環境の変化の循環を生み出しています。
外部の温熱環境や天候、人の動きなど様々な外的刺激を意識的、無意識的に受けられる「変化のある環境」を許容することが総合的な生産性向上につながると考えました。
SERVICES
KEYWORD

プロジェクト 概要

須賀工業本社ビル
須賀工業
東京都江東区
事務所
2022年2月
3781.67㎡
地上S造(一部柱CFT造)、地下SRC造
地上9階 地下1階
安井建築設計事務所(設計JV)
日鉄興和不動産(PM)
クドウフォト

受賞歴

2023年 照明施設賞
サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)採択
page top