長崎日本大学高等学校

長崎日本大学高等学校

過去の学校の歴史とこれからの未来が融合する建物ファサードおよび外構のデザイン

長崎日本大学高等学校

生徒たちを迎え入れる大きな庇のあるエントランスと象徴的な階段室

長崎日本大学高等学校

来客と生徒、先生たちの動線が交錯せず、かつ空間として連続性を持つようにデザインされたエントランスホール

長崎日本大学高等学校

小さなコンサートホールのようなデザインで利用者の印象に残る視聴覚室

長崎日本大学高等学校

アートワークの壁やカラフルな天井デザインなど楽しい空間を演出

説明
開学50周年を記念した新校舎建替事業です。
3つの校訓「至誠」「勤労」「創造」の精神を体現する「新たな学び舎」として、7つのキーワード「安心・安全性」「環境配慮」「経済性・フレキシビリティ」「景観・ランドマーク」「コミュニティ」「歴史性」「時代性」を基に、普遍的で統一感のある空間を目指しました。
仮設校舎を建てないため全体をⅠ期Ⅱ期に分け、Ⅰ期完成後に既存校舎の半分を解体、Ⅱ期完成後に残りの半分を解体し、外構整備を行い全体完成としています。
校舎全体はロの字平面とし、中庭を囲んだ回遊性を持たせることで、教室間の移動が単調にならないように意図しています。中庭は2つの空間に分れ、エントランスホールに面した「静の庭」とカフェテリアに面した「動の庭」を計画しました。
ファサードは旧校舎のデザイン要素であるレンガタイルを継承しつつ、金属製庇や高性能ガラスなどの技術を融合し、全体として彫りの深い表情を作っています。
概要
名称
長崎日本大学高等学校
建築主
長崎日本大学学園
所在地
長崎県諫早市
地図
主用途
学校
竣工
2018年1月
延床面積
11,665 ㎡
構造
鉄筋コンクリート造、鉄骨造
階数
地上4階
写真撮影
ティエムフォート有限会社 森園佳幸
キーワード