SHIBUYA CAST.

SHIBUYA CAST.

明治通りより建物全景を望む

SHIBUYA CAST.

東西の地域をつなぐ貫通通路
柱一体となったサイネージが環境演出を行う

SHIBUYA CAST.

天井造作によりラフでクラフト感を強調したオフィスエントランス

SHIBUYA CAST.

クリエイターが集うシェアオフィス

SHIBUYA CAST.

入居者のコミュニケーションスポットとなる共用リビング・ダイニング

SHIBUYA CAST.

施設を彩るゆらぎのあるライトアップ

説明
東京都が進める「都市再生ステップアップ・プロジェクト(渋谷地区)」の第一弾事業となるプロジェクトです。

敷地は明治通りに面し原宿方面につながる旧渋谷川遊歩道の始点に位置します。渋谷駅から約400m、青山方面にも徒歩で脚を伸ばせるほど近く、開発ポテンシャルの高い都市の結節点にあたります。
敷地のポテンシャルを十分に引き出すべく、敷地内に約1,000㎡と渋谷では稀有な広さを持つ「広場」と、東西の地域をつなぐ「貫通通路」を創出しました。広場にはまとまったイベントを可能とするスペースと、来場者の憩いの場となる緑陰空間をそれぞれ設けています。

施設の用途には、事務所、店舗、共同住宅に加え、コレクティブ住戸やシェアオフィスなども設けられており、地域のクリエイティブ産業を活性化させる狙いがあります。
外装のプレキャストコンクリートには三角形のリブを設けることで天候、時間、視点により表情の変わる繊細な表情をつくりだしています。他にも外装材・内装材の形状や割付に様々な工夫を随所に織り交ぜることで、クラフト感を協調し、訪れる人を視覚・触覚で楽しませる、ものづくりの場として相応しい建物意匠です。
概要
名称
SHIBUYA CAST.
建築主
渋谷宮下町リアルティ
所在地
東京都渋谷区
地図
主用途
事務所、共同住宅、店舗、集会場
竣工
2017年4月
延床面積
34,980㎡
構造
S造、RC造、SRC造
S造のうち一部CFT柱
階数
地上16階 地下2階
備考
構造 日本設計・大成建設一級建築士事務所共同企業体
写真撮影
川澄・小林研二写真事務所