武蔵野美術大学 14号館

武蔵野美術大学 14号館

計画道路側の14号館外観

武蔵野美術大学 14号館

14号館夕景工房で創作活動をしている学生の様子が浮かび上がる

武蔵野美術大学 14号館

更新のし易さを考慮したファサードに露出されたダクトや配管

武蔵野美術大学 14号館

吹抜け上のガラスの吹き工房

武蔵野美術大学 14号館

金工コースの鍛金作業を行う工房

説明
工芸工業デザイン学科を中心とした工房棟で、各工房が共用部に面してガラス張りとなっているオープンな構成と各階に点在する外部テラスが特徴です。

構造の工夫により設備や内部空間の自由度を高め、チムニー、換気窓、換気スリットによるナイトパージ、中間期の自然換気を行い、工房からでる大きな熱負荷を軽減しています。
概要
名称
武蔵野美術大学 14号館
建築主
学校法人 武蔵野美術大学
所在地
東京都小平市
主用途
大学
竣工
2016年3月
延床面積
18,125 m²
構造
RC造、一部SRC造、S造
階数
地上4階、地下1階
備考
基本計画・基本設計:武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス設計室
写真撮影
FOTOTECA