タツノ横浜工場

タツノ横浜工場

軽快な大庇による端整な外観

タツノ横浜工場

日射抑制と美観確保の有孔折板スクリーン

タツノ横浜工場

トップライトによる明るい組立エリア

タツノ横浜工場

自然を感じる休憩室

タツノ横浜工場

横浜工場全景

説明
企業創立100周年リニューアル計画の一環として整備された、ガソリン計量機製造のための工場です。

JRの線路沿いという立地から「工場も自社製品の一つ」という精神のもと、質の高い外観を目指すと共に、作業性・生産性向上のため、内部空間の柔軟性・快適性が求められました。

豊かな緑と広大な空の中に浮かぶ軽快なボリュームは、有孔折板のスクリーンにより構成されます。
南・西面の厳しい日射を遮蔽するとともに、室外機の目隠しとして寄与しています。
室外機が増設されたとしても、将来的に建物の美観を維持できる計画です。

内部は、整形でフレキシブルな大空間、トップライトからの自然採光による明るく健康的な組立エリア、借景を利用したアメニティ空間、ディスプレイスメント空調による心地よい作業エリア等により、工場内の快適な職務環境を実現しました。
概要
名称
タツノ横浜工場
所在地
神奈川県横浜市
主用途
工場
竣工
2011年4月
延床面積
10,802 m²
構造
S造
階数
地上2階
写真撮影
エスエス東京支店