福島白河第一データセンター5号棟

福島白河第一データセンター5号棟

建築と機械設備が一体となった外気の高度利用による省エネルギーを実現した施設

福島白河第一データセンター5号棟

光に当たり方によって変化する外観

福島白河第一データセンター5号棟

屋根と外壁が一体となった一文字葺き

福島白河第一データセンター5号棟

人の動線と空気流路を兼用したチムニー

福島白河第一データセンター5号棟

建物用途に合ったメカニカルな内装

説明
当データセンターは、2012年竣工の1号棟から随時増築を続け、5棟目となります。
1200ラック程度収容可能で、建設地の冷涼な立地条件を活かし、さらにサーバーラックの冷却に外気を利用することで、通年の空調エネルギーの80%以上を自然のエネルギーでまかなうことができます。
また、これまでサーバー需要の増加に合わせてサーバー棟とバックアップ施設を同時に「ユニット単位」で建設していたのに対し、5号棟は施設の容量に余裕をもたせた上で、サーバー需要に応じ「オンデマンド」で150ラック程度の小規模な単位でサーバーを増設する方法をとることで過剰投資を避けながらサーバー需要の変化に迅速に対応することが可能となりました。
既存棟は2層のサーバー室で外気を外壁全体から取込み、屋根に載せられたチムニーから排気してサーバーを冷やす計画でしたが、5号棟では排気を施設の片側に寄せたチムニーから排気することでサーバー室を多層に構成し、より有効な土地活用を実現しました。
概要
名称
福島白河第一データセンター5号棟
建築主
ヤフー株式会社
所在地
福島県白河市
主用途
データセンター
竣工
2018年4月
延床面積
11,212 ㎡
構造
鉄骨造
階数
地上4階
写真撮影
FOTOTECA 木田勝久