大東文化大学 東松山キャンパス2号館

大東文化大学 東松山キャンパス2号館

北側構内道路を明るく照らす斜め柱

大東文化大学 東松山キャンパス2号館

大開口部分から教室の風景が垣間見える

大東文化大学 東松山キャンパス2号館

宙に浮いたようなふらっとストリート

大東文化大学 東松山キャンパス2号館

ふらっとストリートから連続する吹き抜け階段

大東文化大学 東松山キャンパス2号館

雨戸のような引き分け窓を設置した縁側空間のラウンジ

説明
大東文化大学2号館は、2009年から始まった、5棟あるキャンパス整備計画の最後の建物で、主として、普通教室、書道教室の他、美術・工芸教室で構成されています。
空中歩廊「ふらっとストリート」が建物の中を貫通して最後に地上に降り立つ構成にあり、平面的にカーブするクレセント状の「キャンパスの動脈」をビジュアルにあるいは立面的に表現することで、キャンパス全体としての「調和」を作り出すことに精力をそそいでいます。

外観の特徴としては、等間隔にならぶ柱を「ふらっとストリート」のカーブに合わせて配置し、対面する食堂棟の斜めの壁に呼応して柱を傾斜させ、さらに「ふらっとストリート」が徐々に地上に降りるのにあわせて、斜めの柱の折れ線を徐々に下に下ろしています。
結果として、新2号館と食堂棟との間の空間は思った以上に広がり感があり、柱型のアルミパネルが空の色を映して空に溶け込むことで建物の存在感がなくなり、キャンパスの広がり感を作り出すことができています。
概要
名称
大東文化大学 東松山キャンパス2号館
所在地
埼玉県東松山市
主用途
大学
竣工
2014年11月
延床面積
5,056 m²
構造
RC造、S造
階数
地上3階、地下1階
写真撮影
FOTOTECA