長門市立油谷小学校

長門市立油谷小学校

地域集落のチーフを現した外観

長門市立油谷小学校

裏山からグランドに土足でかけっこできる
モール貫通の外部パスブリッジや、
クジラ(捕鯨歴史の長門市)天井

長門市立油谷小学校

ゆるやかな光と風の一体感を感じる
モール中央の図書コーナー

長門市立油谷小学校

伸びやかに、光と風に満たされた緑のランチルーム

長門市立油谷小学校

球天井の地場産木ブレースにやわらかく包まれ、
のびのびと遊べるアリーナ

説明
長門市油谷小学校は、コミュニティースクール指定校として、外観は地域集落のチーフを現し、内部を、校舎中央の風と光のモールを学習や多様なイベントスペースとして活用することで、附室の地域交流ゾーンと融合連携しています。
また、後背にある緑ゆたかなアスレチックの丘で、積極的に子どもが元気に土足で走りまわれるよう、前グランドと結ぶ遊具ブリッジを校舎に貫通させています。
遠景シンボルの半球状体育館屋根は、鉄骨格子シェルで柔かく包み込み、さらに地元産木のブレースを用いることで、軽やかな浮遊感あふれるアリーナに仕上がりました。
概要
名称
長門市立油谷小学校
建築主
長門市
所在地
山口県長門市
主用途
小学校
竣工
2014年9月
延床面積
4,270 m²
構造
校舎RC造、体育館RC造+S造,W(屋根)造
階数
地上2階
備考
山根建築設計事務所
写真撮影
岡本公二