メニュー
  • EN
  • 簡体
  • 繁体
Youtube Instagram
  1. HOME
  2. PROJECTS
  3. 中外ライフサイエンスパーク横浜
中外ライフサイエンスパーク横浜
地域に開かれた「次世代型研究所」として、住民とのバッファ空間には緑道を設け、近隣住民に開放する。
中外ライフサイエンスパーク横浜
移動空間「スパイン」に設置されたワークラボによってコミュニケーションのきっかけを創出する。
中外ライフサイエンスパーク横浜
次世代ラボ(奥)は、地域に開放してバイオテクノロジーに関心を持ってもらう機会をつくる。
中外ライフサイエンスパーク横浜
安全性を確保しながら、居住性を高めた研究棟。
中外ライフサイエンスパーク横浜
研究者がデスクワークを行うオフィス棟。吹き抜けを設け、視線を遮らないオープンな構成とした。

中外ライフサイエンスパーク横浜

バイオ研究のトップ企業である中外製薬の研究者ら約1,000人が集う大規模研究拠点です。国内の創薬研究における機能を集約することで創薬力を最大限に発揮するとともに、人材確保や国際競争力の観点から都市部に位置する横浜市戸塚に設立。「Green Innovation Village ~緑の中に点在する、最先端創造研究所」をコンセプトに、外観は自然素材やアースカラーを採用し、緑の中に点在し分棟配置としました。さらなるイノベーションを起こすためには、研究者間の交流や知識の融合が不可欠であるとの考えから、棟と棟をつなぐ移動空間「スパイン」には、研究者同士が日常的にコミュニケーションを図れる21の多様なワークラボを配置しました。また研究棟は、安全性を確保しつつ、ガラス張りにするなどして居住性を高めるとともに、研究者同士の「つながり」を感じられるようにしました。分棟配置としたことで、将来、時代に即した施設を増設できます。地域に開かれた「次世代型研究所」として、住宅街とのバッファ空間には緑道を設けて近隣住民に開放。住宅地に面した緑地には、グリーンインフラとして雨水貯留浸透植栽基盤、レインガーデンを設け、都市基盤に貢献します。
SERVICES
KEYWORD

プロジェクト 概要

中外ライフサイエンスパーク横浜
中外製薬株式会社
神奈川県横浜市
研究所
2022年10月
西敷地:112,067.44㎡
東敷地:7,459.03㎡
西敷地:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造 充填鋼管コンクリート造
基礎免震構造(球面すべり支承、高減衰積層ゴム支承)
東敷地:鉄骨造 鉄筋コンクリート造 木造 軽量鉄骨造
西敷地:地上6階 地下1階
東敷地:地上4階
通行橋設計:日建設計 
E01棟設計:鹿島建設
一部内装基本デザイン・FFE:オカムラ
淺川敏(1,2,3,5)
日本設計(4)

受賞歴

2023年 神奈川建築コンクール(優秀賞)
2023年 照明施設賞
2023年 日経ニューオフィス賞(ニューオフィス推進賞)
page top