名古屋大学 ナショナル・イノベーション・コンプレックス

名古屋大学 ナショナル・イノベーション・コンプレックス

視線と日射を制御する 有孔折板ルーバーをまとった研究施設

名古屋大学 ナショナル・イノベーション・コンプレックス

多様な交流を生むカウンターや小上がりなどの さまざまなしつらえのコモンスペース

名古屋大学 ナショナル・イノベーション・コンプレックス

上下階のコミュニケーションを促すコモンスペース吹抜

名古屋大学 ナショナル・イノベーション・コンプレックス

外部からも見ることができる車両実証実験室

名古屋大学 ナショナル・イノベーション・コンプレックス

研究室の明かりが外部に表出する夜景外観

説明
アンダーワンルーフでの産学官連携を具現化する施設として当施設は計画されました。

産学官の連携を表現すべく、敷地形状に呼応して三角形を形作るよう三方に配置された実験室と、中央の三角形のコモンスペースによって平面が構成されています。
このコモンスペースはスタジオを始めカウンター席や小上がりなどオープンとクローズドの多様な設えの空間を配置し、偶発的なコミュニケーションを誘発することを意図しました。

環境負荷低減としてアースチューブと重力・風力による自然換気システムを採用しています。
また設備バルコニーに取り付けられた有孔折板のルーバーは、ダクトや室外機を隠すとともに日射遮蔽による省エネルギー性の実現と建物全体のフォルムに柔らかさをもたらしています。
概要
名称
名古屋大学 ナショナル・イノベーション・コンプレックス
所在地
愛知県名古屋市
主用途
研究施設
竣工
2015年3月
延床面積
15,623 m²
構造
SRC造
階数
地上8階
写真撮影
エスエス名古屋支店