メニュー
  • 中文
  • EN
  1. HOME
  2. PROJECTS
  3. アラダ・トッフォ・ゼ ゾーン病院
アラダ・トッフォ・ゼ ゾーン病院
未開発の郊外に佇む病院
アラダ・トッフォ・ゼ ゾーン病院
アフリカの風土と調和するファサード
アラダ・トッフォ・ゼ ゾーン病院
ハイサイドライトから自然採光・通風を確保した一般外来待合
アラダ・トッフォ・ゼ ゾーン病院
2層吹き抜けとした気積の大きな待合空間
アラダ・トッフォ・ゼ ゾーン病院
プライベート性に配慮した産科・婦人科待合
アラダ・トッフォ・ゼ ゾーン病院
年月を経て土埃を纏うほど風景に溶け込む赤褐色の外観

アラダ・トッフォ・ゼ ゾーン病院

日本の無償資金協力事業による、西アフリカ-ベナン共和国郊外の病院整備計画です。事業の特殊性から工事は全てローテク・ローコストを原則とし、現地の気候・風土・施工技術に配慮した簡素な計画が求められました。
見渡す限りに荒野が広がる大らかな敷地環境に応えるため、高さを抑えたほぼ平屋の全体計画を採用し、広大な風景に溶け込むような静かな佇まいの病院を目指しました。
外装は現地の土色に似せた赤褐色の仕上げとすることで、年月を経て土埃を纏うほどに風景と一体化するようデザインしています。
また、現地職人でも施工が容易な構法の採用や、自然採光・自然換気を大切にしたパッシブデザインを積極的に採用するなど、可能な限り簡便で低コストの仕様とすることで、現地の運用レベルに合わせた無理のない病院建築を実現しています。
SERVICES
KEYWORD

プロジェクト 概要

アラダ・トッフォ・ゼ ゾーン病院
ベナン共和国保健省
ベナン共和国アトランティック県アラダ市
病院
2018年4月
5244.21 ㎡
RC造
地上2階
大久保 秀樹

受賞歴

2020年 日本建築学会作品選集
page top