徳島県庁舎

徳島県庁舎

徳島県庁舎

徳島県庁舎

徳島県庁舎

徳島県庁舎

徳島県庁舎

説明
1986年に竣工した徳島県庁舎は、江戸時代より阿波の政治経済を支えてきた新町川と、その上流の眉山を望む徳島でも風光明媚な場所にあります。
「川の街・徳島の原風景の再現」をコンセプトに、川の流れと平行に建物の軸、300mにおよぶ緑の軸と旧庁舎解体跡地の正面玄関前駐車場にある約60本のケヤキが、新町川の流れとともに豊かな空間を創っています。

建物は、昭和5年に完成した佐野利器氏監修の旧庁舎の佇まいを継承しながら、外壁にはラフな肌合いの現場打ち込みタイルを、柱・梁はアウトフレーム構造による深彫なデザインの県庁舎は、今もなお変わらない姿で、大きく育った緑とともに佇んでいます。
2003年より省エネルギー改修計画(中長期保全計画)を策定し、その計画をもとに省エネ・防災機能向上を図る改修工事を継続的に行っています。
概要
名称
徳島県庁舎
建築主
徳島県
所在地
徳島市万代町1-1
地図
主用途
庁舎
竣工
1986年5月
延床面積
54,135 m²
構造
SRC造
階数
地上12階 地下2階
写真撮影
川澄・小林研二写真事務所
受賞
1992年 第3回 公共建築賞(優秀賞)
1988年 第29回 建築業協会賞
1987年 昭和61年 照明普及賞