カルピ保健センター

カルピ保健センター

青い空に白い壁がはえる外観(エントランス付近)

カルピ保健センター

エントランス横のガラスブロックがほのかに光る夜景

カルピ保健センター

山々に囲まれた敷地に伸びやかに建つセンター

カルピ保健センター

建物の中心の中庭に建つ予防医学啓発室

カルピ保健センター

中庭に面する、エントランスホール及び待合

説明
エクアドルの経済・技術力・自然環境を考慮し、エネルギー負荷の少ない、継続的に維持管理可能となるよう努めました。明快なゾーン分けを行いはじめてきた人にもわかりやすい平面計画としています。

カルピ保健センターはリオバンバ市内より車で20分程度のカルピ村の入口に位置し、原住民の多い地域です。
現地には医療施設を恐れる人達もおり、予防医学の重要性を啓発するための部屋を中庭の中央で、エントランスからも見通せる位置に配置し、啓発活動を促せるようにしています。
トップライトや中庭に面した窓から入る自然光で待合を明るくし入りやすい雰囲気にしています。
概要
名称
カルピ保健センター Centro di Salud de CALPI
建築主
エクアドル国保健省
所在地
エクアドル国チンボラソ県
地図
主用途
保健センター
竣工
2018年1月
延床面積
1,958㎡
構造
RC造
階数
1F
写真撮影
Martinez Jaime