ベトナム国最高人民検察院事務所

ベトナム国最高人民検察院事務所

開発が進むハノイ西部エリアで際立つ端正な外観

ベトナム国最高人民検察院事務所

検察院の独立性や絶対的な存在感を表現したモノリシックな外観

ベトナム国最高人民検察院事務所

隣地との見合いや室内環境に配慮し、開口部面積を抑えた側面ファサード

ベトナム国最高人民検察院事務所

シンプルな外観とは対照的に、内部にはダイナミックな吹抜け空間が展開する

ベトナム国最高人民検察院事務所

吹抜けは屈曲した断面形状で、側面からも明るい自然光が差し込む

ベトナム国最高人民検察院事務所

時々刻々と変化する光と風を建物内部にも取り込む吹抜け空間

説明
ベトナムの首都ハノイに建つ独立政府機関である最高人民検察院の新庁舎は、独立権限を持つ組織の固有性や永続性のメタファーとしてモノリスをコンセプトに据えて設計されました。
雑然とした都市景観の中で存在感を毅然と放つ「Shape of Justice」とでも言うべきシンプルで力強い外観です。外観とは対照的に、ダイナミックな吹抜けの内部空間は組織の高潔性を表現しています。
約100mの高さに達する吹き抜けは、屈曲した断面形状とすることにより、要所ごとに外部に接し明るい自然光や風を内部に取り入れ、刻々と変化する自然を感じられる豊かな空間を提供しています。
概要
名称
ベトナム国最高人民検察院事務所
建築主
ベトナム国最高人民検察院
所在地
ベトナム国ハノイ市
地図
主用途
庁舎
竣工
2018年6月
延床面積
78,100 ㎡(地上及び地下合計)
構造
鉄筋コンクリート造、鉄骨造
階数
地上29階 地下2階
備考
基本設計・実施設計・監理 / CONINCO (Consultant and Inspection Joint Stock Company of Construction Technology and Equipment )
写真撮影
株式会社エスエス企画