伊勢赤十字病院

伊勢赤十字病院

鳥瞰図

伊勢赤十字病院

アプローチ外観

伊勢赤十字病院

正面外観 夜景

伊勢赤十字病院

エントランスホール

伊勢赤十字病院

オープンカンファレンス

説明
伊勢の地で100年以上にわたり地域医療を支えてきた山田赤十字病院の移転新築計画です。

「伊勢神宮より高い建物は建てない。」という地域性に配慮し、低層の5階建てとしています。
また、3~5階の病棟を45度ふることによって、周辺の住宅に対する圧迫感の軽減を図っています。

「スタッフに優しい病院」を実現するために、患者エリアとスタッフエリアの明確な分離を図り、
患者さんの目の届かないスタッフのリラックス環境を整えています。また、病棟の中心にオープンカンファレンスを設けることによって、スタッフ間のコミュニケーションが生まれ、チーム医療を促進させます。 

さらに、病棟の仕事の平準化を図るために、「日本初1フロア8看護単位276床のシームレスな病棟」を計画し、病棟師長が全病棟分のスタッフを毎日再配分する1病院1ユニットの運営を実現しています。
概要
名称
伊勢赤十字病院
所在地
三重県伊勢市
主用途
病院
竣工
2011年8月
延床面積
56,587㎡
構造
RC造
免震構造
階数
地上5階
写真撮影
エスエス名古屋支店
受賞
2014年 医療福祉建築賞