西日本シティ銀行 ココロ館

西日本シティ銀行 ココロ館

印象的なスカイライン「ココロウェーブ」
大濠公園対岸からも認識できる

西日本シティ銀行 ココロ館

約2,000㎡の屋上庭園
地域の交流拠点となる

西日本シティ銀行 ココロ館

木とタイルのエントランスホール
素材感が優しさと温かみを演出する

西日本シティ銀行 ココロ館

半地下に埋まる体育館
上部は屋上庭園となっている

説明
同一敷地内にあった研修所、独身寮、体育館を、老朽化に伴い一体的に集約建替えする事によって生まれた複合施設です。

地域と共に歩む地方銀行として、住宅や公園などの周辺環境と十分に調和するよう配慮しました。
体育館の半分を地下に埋めるなど、ボリューム感を極限まで低減し、従前よりも環境を高めています。
また、体育館の屋根面を約2000㎡の屋上庭園として、一般に開放することで地域の交流拠点となるよう整備しました。

環境配慮については、レンガやリサイクルウッドなどエコマテリアルの積極的な採用、体育館の自然換気システム導入、太陽光発電機器、節水機器の採用と雨水再利用への取組み、既存樹木の保存と活用、ルーフガーデンを含めた積極的な緑化などを通して、CASBEEでAランクの評価を受けています。
概要
名称
西日本シティ銀行 ココロ館
建築主
西日本シティ銀行
所在地
福岡県福岡市
主用途
寄宿舎、研修施設
竣工
2017年1月
延床面積
18,174㎡
構造
S造、SRC造
階数
地上12階 地下1階
写真撮影
川澄・小林研二写真事務所