子羊の群れキリスト教会 いのちの家

子羊の群れキリスト教会 いのちの家

公園の桜並木と東側前面にある遊歩道の勾配に合わせたスカイライン

子羊の群れキリスト教会 いのちの家

三角形の敷地に建つグランドピアノのような屋上緑化は、公園と一体化している

子羊の群れキリスト教会 いのちの家

歩道の勾配に馴染んだ庭は、通学中の子供たちも自由に遊べる楽しい場

子羊の群れキリスト教会 いのちの家

夜間の安全性も高める、柔らかでいきいきとしたフォルムの遊歩道沿いの景色

子羊の群れキリスト教会 いのちの家

みんなが集う柔らかな空間は、公園の緑と中庭との間を自然の風が吹きぬける

説明
南芦屋浜に建つ風の教会と姉妹関係にある修道院です。

公園から眺める小さな「いのちの家」は、周囲の大きな建造物よりも存在感を示し、街のイメージを柔らかく優しくしてくれています。
当初のイメージスケッチでは、白いハトの羽根のように、子羊が牧場に群れてるように、美しい音を奏でるピアノのように、自由な曲線で柔らかくて優しい形が描かれていました。
そして実際の建物も、当初のスケッチのままに建ちあがりました。

この修道院は、公園側の歩道スロープなりに階段状の屋上緑化屋根を持っており、屋根の断熱性能を向上させつつ公園の緑とも調和をしています。
内部廊下も歩道スロープと同じ勾配を持ち、個室の扉がステップしながら静謐な空気感をつくっています。
三角形の中庭を通して、自然通風と自然採光は促され、讃美の美しいメロディが響きよく拡がります。

歩道を行き交う小学生たちは興味津々で、この家の中に入りたいと話しているのが聞こえてきます。
概要
名称
子羊の群れキリスト教会 いのちの家
建築主
子羊の群れキリスト教会
所在地
兵庫県芦屋市
主用途
修道院
竣工
2016年8月
延床面積
1,944㎡
構造
RC造
階数
地上4階
写真撮影
稲住写真工房