新宿三井ビルディング 車寄せ改修

新宿三井ビルディング 車寄せ改修

温かみのある木質の二段庇とリニアに広がる光のベルトで来訪者を迎える構成
風除室内部の柱型はアルミパネルに木調印刷を施す
コンシェルジェが置かれ建物の新たな顔として機能している

新宿三井ビルディング 車寄せ改修

利用頻度の少ない車室を転用して、新たに坪庭が設けられた

新宿三井ビルディング 車寄せ改修

坪庭は「床の間」として半地下の車寄せに、自然光と緑、季節感をもたらしている

新宿三井ビルディング 車寄せ改修

車寄せはアルミのエキスパンドメタルのスクリーンで包まれ、柔らかな領域感をつくっている

新宿三井ビルディング 車寄せ改修

風除室はきめ細かいエキスパンドメタルをサンドイッチしたトリプルガラスにより既存ロビーと接している
「遮りながら透かす」ことで緩やかに空間を繋げている

説明
超高層ビルの車寄せをメインエントランス化する改修です。
歩行者の玄関口と同様に、人を招き入れる魅力ある空間に転ずることが求められ、単なる更新ではなくサブ的な機能を新たな価値に置き換えるリニューアルです。

エントランスの「到着感」と「領域感」の創出、「新宿三井ビルらしさ」の継承を目指しました。
温かみのある木質の二段庇とリニアに広がる光のウェルカムマットでお客様を迎える構成とし、車の動きに沿う水平線を強調したデザインとしています。

隣接する通過車路との間にはエキスパンドメタルのスクリーンを、ロビー側の風除室ガラスにはきめの細かいエキスバンドメタルをサンドイッチした特殊ガラスを用いることで、車寄せ全体を紗をかけたように柔らかく包み込んでいます。
「遮りながら透かす」ことで周辺との緩やかなつながりを実現しました。

また利用頻度の少ない車室を転用して、坪庭とし、「床の間」的空間を挿入しました。
自然光と季節感をもたらし、緑豊かな低層部の片鱗を覗かせています。
概要
名称
新宿三井ビルディング 車寄せ改修
建築主
三井不動産
所在地
東京都新宿区
主用途
車寄せ
竣工
2016年7月
延床面積
1,180㎡
階数
地上1階
写真撮影
フォワードストローク