岡谷市民病院

岡谷市民病院

山並みと調和した地域中核病院

岡谷市民病院

温かみのある暖色系の照明で向かい入れる正面玄関

岡谷市民病院

やさしい光が注ぎ込むエントランスホール

岡谷市民病院

木質系を基調とた温かみのある外来待合

岡谷市民病院

各ベットに窓を設けた個室的4床室

説明
岡谷市の高い晴天率、低い夏期平均気温という特徴を活かした低炭素ホスピタルを目指しました。

建物中央にはエコボイドと呼ばれる自然風道煙突を設け自然換気を促進し、また杭長100mの採熱管を50本敷設し採熱した日本最大級の「地中熱利用」や、免震層のクールピットから空調機の外気取り入れなどの地熱利用で空調負荷を低減しています。
概要
名称
岡谷市民病院
所在地
長野県岡谷市
主用途
病院
竣工
2015年9月
延床面積
24,157m²
構造
RC造、S造
免震構造
階数
地上6階 地下2階
写真撮影
アーティザンフォトグラフィ
受賞
2016年 第50回 SDA賞(A-2類 入選)