社会医療法人信愛会 交野病院

社会医療法人信愛会 交野病院

医療に求められる明快さと暖かさを表現する
グリッド構成の病棟と緩やかなRを描く外壁

社会医療法人信愛会 交野病院

病院理念の「誠実さ」をあらわす
明快なグリッド構成の病棟バルコニー

社会医療法人信愛会 交野病院

質感のあるタイルと緩やかなRの壁で構える
エントランス

社会医療法人信愛会 交野病院

リハビリ室に連続しながら地域ともつながる
屋上リハビリ庭園

社会医療法人信愛会 交野病院

外部緑地まで見通しのきく
明るい開放的なエントランスホール

説明
208床の民間総合病院の移転建替計画です。
敷地は中低層住宅が三方向を囲み日影や高さの規制が厳しい地域ですが、敷地境界からのセットバックや敷地外周の緑化、また、4階のリハビリ部門と連続して設けた屋上リハビリ庭園など、地域環境に十分配慮した計画としています。

外装は施主である社会医療法人の一連の施設の流れに沿い、赤茶色のタイルをベースとしています。
病棟バルコニーは軽快なグリッド構成とし、また低層部の大壁面は質感のある二丁掛タイルの緩やかなR壁としています。
この病棟のグリッド構成は「実直さ」を、Rの壁は「抱かれるような暖かさ」をイメージさせます。
これは病院の理念である「誠実と信頼の医療」にも繋がるものです。
エントランスホールは正面外部の緑地空間と連続する、明るく開放的な空間としています。

これら、親しみやすい外装と明るい内部空間により、地域に愛される病院となっています。
概要
名称
社会医療法人信愛会 交野病院
建築主
社会医療法人 信愛会
所在地
大阪府交野市
主用途
病院
竣工
2015年3月
延床面積
17,723 ㎡
構造
RC造
階数
地上7階
写真撮影
稲住写真工房