あま市民病院

あま市民病院

津波や洪水時にも安全な病院

あま市民病院

目的場所が分かりやすい吹抜けエントランスホール

あま市民病院

色彩が統一された明るい外来待合

あま市民病院

ベッドからの眺望を確保した病室

あま市民病院

夜間も地域を灯す病院

説明
200床前後の自治体病院は急性期・慢性期という相反する患者を受け入れなければない現実があります。

それぞれに関連の深い手術部門とリハビリ部門を2病棟で挟み込む配置計画とする事で、ケアミックスのひとつの回答を試みました。

計画地は洪水・津波が予想される地域です。
周辺地盤より1FL を2.2m高くし、免震ピットを1.7m深くした柱頭免震とする事で、災害対策・駐車台数の確保を同時に解決しました。

辺りは田園、遠くに見える山々に囲まれ、七宝焼きの伝統を支えてきた地域です。
この身近な色彩・素材が何よりの療養環境と考え、インテリアやサイン計画のテーマとしました。
概要
名称
あま市民病院
所在地
愛知県あま市
主用途
病院
竣工
2015年7月
延床面積
15,700 m²
構造
RC造
柱頭免震、プレストレスコンクリート梁
階数
地上4階、地下1階
写真撮影
エスエス名古屋支店