アルペン丸の内タワー

アルペン丸の内タワー

外観

アルペン丸の内タワー

公開空地

アルペン丸の内タワー

アプローチ夜景

アルペン丸の内タワー

エントランスホール

アルペン丸の内タワー

屋上庭園

説明
アルペン丸ノ内タワーは、建物全体としては透明感のあるガラスカーテンウォールと真っ白な大判タイルの組合せの外装をまとい、低層部まわりの設えとともにスポーツ用品を扱う企業の本社ビルに相応しい透明感と清涼感を実現しています。
2層分の高さとしたピロティとエントランスホールは、外構に植えられた野趣溢れる個性的な枝振りの植栽と、透明感のあるガラススクリーンを通して見える白タイルの大きな壁面との重なり合いにより、単調な街並みに潤いと奥行き感を与えています。
また、地震・風による建物の揺れ軽減のため制振壁、オイルダンパー、ハイブリッドマスダンパーを採用しています。
概要
名称
アルペン丸の内タワー
所在地
名古屋市中区
主用途
事務所
竣工
2007年6月
延床面積
21,666 m²
構造
S、SRC
階数
地下1階、地上25階
写真撮影
エスエス名古屋支店
受賞
2008年 日経ニューオフィス賞(中部ニューオフィス奨励賞)