川越町庁舎

川越町庁舎

川越町庁舎

川越町庁舎

川越町庁舎

町民ホール

川越町庁舎

回遊性のある内部

説明
三重県北部、伊勢湾に臨む川越町は鈴鹿山脈を源とする2つの川の流出土砂で形成された平坦な沖積層地帯です。
海抜0mに近い敷地において水害・地震時にも機能を維持するために、地盤改良・基礎免震工法を採用し、1階を駐車場と町民ホール、2・3階に執務室、4階に議会部門を配置する構成となっています。

町民ホールは多目的な縁側空間であり、図書コーナーや談話コーナー、展示スペースのある憩いの場となっています。
会議室や執行部もこの吹抜に面しており「開かれた町政」に相応しい使われ方を期待しています。

古い町並みに残る玉石積みや水景、まちの発展を支えてきた工業製品など新旧の要素を継承・融合・発展させています。
概要
名称
川越町庁舎
建築主
川越町
所在地
三重県川越町
地図
主用途
庁舎
竣工
2007年1月
延床面積
9,534 m²
構造
RC造、PC造、S造
免震構造
階数
地上4階
写真撮影
エスエス名古屋支店
受賞
2009年 2008年度 空気調和・衛生工学会振興賞(技術振興賞)
2008年 第9回 JIA環境建築賞(一般建築部門 入賞)