浜離宮三井ビルディング

浜離宮三井ビルディング

外観(浜離宮恩賜庭園より)

浜離宮三井ビルディング

外観(築地市場より)

浜離宮三井ビルディング

緑豊かなランドスケープ

浜離宮三井ビルディング

エントランスホール

浜離宮三井ビルディング

緑と水に包まれたワークスペース

説明
浜離宮三井ビルディングは、かつて計画地にあった三井造船本社機能に事務所・商業・貸会議室機能を加え、新たな時代に向けた環境性能・耐震性能・BCP性能をもった事務所主体の複合建物です。

圧倒的な緑量を誇る浜離宮恩賜庭園と東京湾の臨海エリアに面した立地を活かし、眺望を最大限に享受するために設けられた連窓が作り出す水平方向のリズムと、緑と水面に映えるモノトーンの色彩が建物に端整な表情を与えています。
敷地内緑化率は49%以上を実現、省エネ性能は建物全体でPALは25%以上、ERRは40%以上の削減を達成しています。
概要
名称
浜離宮三井ビルディング
所在地
東京都中央区
主用途
事務所、集会場、店舗
竣工
2011年11月
延床面積
31,639 m²
構造
S造、SRC造、RC造
階数
地上13階 地下1階
写真撮影
川澄・小林研二写真事務所
受賞
2012年 第46回 SDA賞(商業サイン部門 サインデザイン入選)