味の素スタジアム 西競技場

味の素スタジアム 西競技場

地層のごとく地形化した建築

味の素スタジアム 西競技場

武蔵野の森の緑に囲まれた競技場

味の素スタジアム 西競技場

「自然な」モノで構築した芝スタンド

味の素スタジアム 西競技場

地盤と化した建築

味の素スタジアム 西競技場

落葉林と武蔵野に自生する多種多彩な植物で再現された「武蔵野の森」

説明
本計画では「武蔵野の森」をコンセプトとし、「武蔵野の森」にふさわしい緑を多種多彩な構成植物で再現し、それらに囲まれた、美しい緑のスポーツ施設の創造を目指しました。
外構エリアで使用する材料についても「自然な」モノのあり方・景観に配慮し、建築においても「地形化」あるいは地形に見立てることにより環境との新しい関係性を追求しています。
地盤と化した建築は、第二の地表となり周囲と連続する環境を創出し、武蔵野の森の再現に寄与しています。
概要
名称
味の素スタジアム 西競技場
所在地
東京都調布市
地図
主用途
陸上競技場
竣工
2012年3月
延床面積
1,816 m²
構造
RC造
階数
地上1階
写真撮影
川澄・小林研二写真事務所 (写真1・2・3)
受賞
2012年 グッドデザイン賞
2013年 第12回屋上・壁面・特殊緑化技術コンクール環境大臣賞(壁面・特殊緑化部門)