下関市立しものせき水族館(海響館)

下関市立しものせき水族館(海響館)

下関市立しものせき水族館(海響館)

下関市立しものせき水族館(海響館)

下関市立しものせき水族館(海響館)

説明
関門海峡に面する「あるかぽーと」に現水族館の建替として、参加型展示施設や日本最大のシロナガスクジラの骨格標本を展示した無料開設ゾーンを併せ持った施設として新築されました。

現水族館の市民に愛された鯨型のクジラ館のイメージを継承しつつ、巨大な水生生物「鯨」のシルエットを流線形の大きな屋根で表現しランドマークの役割を担っています。
概要
名称
下関市立しものせき水族館(海響館)
所在地
山口県下関市
地図
主用途
水族館
竣工
2000年11月
延床面積
12,025 m²
構造
SRC造、S造
階数
地上4階
写真撮影
岡本公二
受賞
2002年 グッドデザイン賞 (建築・環境デザイン部門)
2002年 手作り景観賞 (優秀賞)
1998年 第17回 SDレビュー (入選)