メニュー
  • 中文
  • EN
Youtube
先輩社員紹介
リノベーションの醍醐味は、建物の長寿命化にとどまらず、
よりよい未来へつなげていくことだと思っています。

東 克彦

KATSUHIKO AZUMA
リノベーション設計部
2011年入社

日本設計に入社した理由は何ですか?

超高層のオフィスから、文化施設、都市スケールのエリア開発など、多岐に渡るさまざまな設計に関わることができることを魅力に思いました。また、日本設計にいる同じ大学の先輩の様子を見たりしていて、自らの意見や意思を組織の中で自立して発信できていることから、会社の雰囲気の良さを感じられたためです。

今はどのような仕事に携わっていますか?

リノベーション設計部に所属してからは、住居系用途の建物の改修・増築計画の設計・監理に携わっています。また、リノベーション設計部に所属する前は建築設計群に所属していましたが、その時に関わっていた大規模な研究所の計画の現場監理にも継続して携わっています。建物の規模や用途、また、新築と改修という建物を実現する枠組みが異なる現場を行ったり来たりしながら計画を進めることは、大変だと感じることも多いですが、幅広い知見を得たり刺激を受けながら仕事ができており、充実した日々を過ごしています。

仕事の中で大切にしていることはなんですか?

リノベーションの醍醐味は、建物を長生きさせることだけにとどまらず、その建物を利用したり関わってきた人々の生活や社会を生かしながら、よりよい未来へつなげていくことだと思っています。そのためにも、その場所にいる人や物やコトをよく知り、互いに協働する意識を持つことが大事だと思い、そのような姿勢を持って設計に取り組んでいくことを大切にしています。

どのような設計者・技術者をめざしていますか?

常に広い視野を持ちながら、全体を俯瞰しつつ業務を進めることができるようになりたいと思います。忙しくなったり、何か問題が発生すると、どうしてもそこにばかりに目が行きがちですが、そういう時こそ全体を見渡すことで、チームの意見を引き出したり、自らも柔軟な発想ができるようになりたいと思っています。設計の検討の進め方も同じように考えることができ、全体に通ずるその建物の設計理念やコンセプトに常に立ち返り、物事を俯瞰することが大事だと思っています。


長期休みはもちろん、土日などでも旅行にはよく出掛けます。妻も建築の設計をしているため、建物を見たり体験することが目的になることが多いです。建物を見に行った時に子供にカメラを渡すと、自分が撮る建物の写真とは違った部分を撮ったりして面白いです。ちょっとした建具金物の出っ張りや溶接ビード、変わったサインなどがカメラの写真たちに加わっていきます。

page top