メニュー
  • 中文
  • EN
Youtube
  1. HOME
  2. RECRUIT
  3. 先輩社員紹介
  4. 福田 千亜希
先輩社員紹介
実施設計図も技術者たちの技術と意図と
真摯な想いがこめられていると感じます。

福田 千亜希

CHIAKI FUKUDA
設計技術部
2013年入社 キャリア採用

日本設計に入社した理由は何ですか?

以前は生産設計の設計事務所に勤め、大手ゼネコンの現場に常駐して施工図をまとめていました。日々施工に携わる中で、施工図と実施設計図の狭間で実施設計とはどうあるべきなのだろうという疑問を抱くようになり、実施設計をする設計事務所に入社し現在に至ります。日本設計に決めた理由は、人の温かさと実施設計の部署があることです。日本設計が設計した建物の施工現場にも常駐したことがありますが、施工管理と設計・監理の関係性が良く、コミュニケーションのとれたチームワークの良い現場でした。

今はどのような仕事に携わっていますか?

都内の超高層複合施設の設計に携わっています。主に階段や外部・地下周りの断面検討や昇降機関係の検討や雨水排水などの性能条件の整理をしています。例えば階段ですが、一口に階段と言っても建物ごとの条件に合わせたフルオーダーメードの階段を設計するため、大規模建築の膨大な情報を整理して守るべき条件は押えながらニーズにも答えられる階段をスケジュールに乗せて生み出すことは経験値と知識が求められ、納得できる階段になるまで何回も検討を重ねます。図面を通して建物に触れられることにとてもやりがいと悦びを感じられる仕事です。

今までで印象に残っている仕事はどのようなものでしたか?

携わるどの仕事にも共通して必ず印象に残っていることがあります。入社するまでにも実施設計図はたくさん見て来ましたが、実際に日本設計で実施設計をしてみると、短期間で膨大な量の情報を数名の設計者でまとめあげていくチームワークと、各セクションの専門性の高さと支援部門の妥協のない技術・仕事ぶりと全体のコミュニケーション力の高さに、毎回「会社全体で設計をしている」という印象を受けます。出来上がった実施設計図も技術者達の技術と意図と真摯な想いがこめられていると感じます。


オフタイムは愛犬と子供(3歳)と自然を感じられる場所に行って季節を感じたりドッグランで過ごしています。木の実や虫を見つけて喜ぶ子供の笑顔を見て癒されています。愛犬の方はドッグ「ラン」ですがなかなか走らないので、私の方が走りまわっているのが悩みです。走りませんが二本足で立って少しだけ歩きます。

page top